YouTube備忘録

YouTube奮闘記うんちく備忘録です。

AVIUTLを使った動画編集でサイズの失敗

AVIUTLで新規プロジェクトを作成するときに決める画像サイズ

f:id:doragonflykun:20180517094406p:plain

※画像サイズは撮影した動画のサイズと同じにする。

この2つがずれてるとアスペクト比長辺と短辺の比率)がおかしくなります。

ずれてるかどうかはここを見れば確認できます。

続きを読む

無料ソフト(AviUtl)で動画編集の基本操作‥‥「読み込み」⇒「編集」⇒「保存」

カメラで撮影した動画(movファイル)をAviUtlに読み込む

カメラで撮影した動画は、全てのファイルがmov形式のファイルでした。

f:id:doragonflykun:20180516200614p:plain

 

続きを読む

無料ソフト(AviUtl)で動画編集‥‥準備(基本設定)

www.youtube.com


上記のような動画を作成することを目指します。

動画を読み込む前にいろいろなウィンドウを表示してみましょう!

続きを読む

AviUtlの基本操作‥‥タイムライン

メニューの「設定」→「拡張編集の設定」を選択する事で、「タイムライン」を表示できます。

※「拡張編集の設定」が表示されない場合は、「拡張編集プラグインが正常にインストールできていない」と言う事なので入れ直して下さい。

※「チェックが付いているのにタイムラインが表示されない!」という場合は、

AviUtl本体メニューの「ファイル」→「環境設定」→「ウィンドウの位置を初期化」を実行すれば表示できます。

続きを読む

AviUtlのメインウィンドウ(各ボタンの説明)

メインウィンドウ(各ボタンの説明

起動した後、すぐに立ち上がるウィンドウがAviUtlの「メインウィンドウ」です。

この画面に編集結果やプレビュー画面を流したり出来ます。「編集結果を確認したい!」という時に見る画面です。デフォルトではプレビュー画面は別ウィンドウとなっていますが「システム設定」にて変更できます。

 

f:id:doragonflykun:20180516102238p:plain

 

再生ボタン 動画を再生・停止できます。

 このボタンは、メニューの「ファイル」→「環境設定」→「システムの設定」画面にて「再生ウィンドウの動画再生をメインウィンドウに表示する」にチェックを入れないと表示されません。

巻き戻し 動画を1フレームだけ巻き戻しできます。
早送り 動画を1フレームだけ早送りできます。
選択範囲始まり

 

選択範囲終わり

  • 選択範囲始まり:「選択範囲」の「始まり」を指定できます
  • 選択範囲終わり:「選択範囲」の「終わり」を指定できます

選択範囲

フレーム領域外 動画の範囲外も表示できるようにする設定です。

 

例えば、「動画の途中で画像を動画外から動画内へ移動させたい」といった場合などに、「動画の範囲外が視認できないせいで画像の位置がわからない!」といった時(図1)に使うと便利な設定です。

キー、キーでも拡大縮小できます(拡張編集の場合はオブジェクトの拡大率の変更、本体ウィンドウから読み込んだ場合は画面自体の拡大率の変更)

1/1(等倍) 2/3(0.67倍)  1/3(0.33倍) 使うと便利なシーン例(図1)
領域外1 領域外2 領域外3 範囲外移動

カメラ制御ボタン カメラの位置を変えたり、第3者目線で全体を俯瞰できたりするメニューです。

 

※拡張編集タイムラインで

「カメラ制御」オブジェクトを追加した場合のみ、表示されます

 カメラ制御の使い方:

タイトル部分の意味

「拡張編集」で読み込んだ場合

f:id:doragonflykun:20180516135159p:plain

 

太陽.mp4 読み込んだファイル名を指しています。
 (320,240) 動画の解像度を示しています。

 メニューの「設定」→「サイズ変更」にて解像度を変更している場合、その解像度が表示されます。

[1/601]* 601フレームある内の1フレーム目を表示しているという事を指しています。

 *マークは、この1フレーム目が「キーフレーム」である事を示しています。
(これの表示・非表示は、

メニューの「表示」→「ソースファイルのキーフレーム表示」で切替できます)

デフォルト プロファイルが「デフォルト」設定である事を指しています。

プロファイル作成:毎回毎回、同じ設定で動画を編集しているような人は、プロファイルを作成しておく事で作業を省力化できます。

拡張編集で読み込んだ場合

f:id:doragonflykun:20180516135707p:plain

1920×1080 拡張編集にてプロジェクトを作成した際の動画の解像度を指します。
30fps フレームレートを指します。

 フレームレートは動画プロジェクトを作成した時点で決定してしまう為、変更したい場合は新規にプロジェクト作り直す必要があります。

※出力する際の設定で、フレームレートを”下げる”事はできますが上げる事はできません。

44100Hz 動画の音声レートを指しています。
exedit 拡張編集にて動画を読み込んでいる事を指しています。
(1280,720) 最終的に動画として出力される際の解像度を指します。

 例えば、

「設定」→「サイズ変更」から解像度を変更している場合などは、ここの数値が変化します。

[299/920]* [299/920]は、「920フレームある内の299フレーム目を表示している」という事を指しています。

 この動画の場合、フレームレートが30fps(1秒で30フレーム)なので動画の長さ的にいうと30秒ほどの長さの動画という事が分かります。

*はキーフレームである事を示しています。

[00:00:09:09] 現在のフレーム(299フレーム目)の現在時間を示しています。

 メニューの「表示」→「時間の表示」で切り替えが出来ます。

デフォルト プロファイルが「デフォルト」設定である事を指しています。



 参考サイト

aviutl.info

AviUtlの使い方‥‥字幕を入れる(テキスト)

準備作業(初期設定)が全て終わったら、AviUtlの使い方について紹介します。

 タイムラインの表示

メニューの「設定」→「拡張編集の設定」で表示させれます。

f:id:doragonflykun:20180515232822p:plain

「何が何やら分からない」と思うので、最初に字幕動画を作ってみましょう。

続きを読む

「無料動画編集ソフト」AviUtl‥‥フィルタ順序設定

f:id:doragonflykun:20180515193418j:plain

フィルタの順序とは?

AviUtlでは各種フィルタの適用順序を指定できます。

例えば

  • リサイズ
  • ノイズ除去
  • ぼかし

などの適用順序を指定できます。

 この適用順序によって、フィルタの挙動が全く変わってきたり、フィルタ自体が適用されなかったりするので、かなり重要です。

続きを読む