YouTube備忘録

YouTube奮闘記うんちく備忘録です。

百聞は一見に如かず 「ダイジェスト動画」

スポンサーリンク

動画の「長さ」というものは、とても大切です。なぜなら、視聴者は長い動画を見続けるということをストレスに感じてしまうからです。百聞は一見に如かず「ダイジェスト動画」をご紹介したいと思います。

 短い「ダイジェスト動画」を使って、お店の概要を知ってもらったり、他の動画へと誘導しましょう。

 

 

1.動画で場所を紹介する

場所がわかりづらいお店では、道順を動画で紹介してみるといいでしょう。電話などでよく道を聞かれる場合は、地図だけではなく、動画もあるとよりわかりやすいのでオススメです。ちなみに、最寄り駅からお店までのルートで充分です。

2.予約の方法を紹介する

予約の方法がわかりやすく紹介されていたら、「違うお店にしよう」となるのを防げまそう、現地に着いた時の待ち時間も減らせるので双方にメリットがあります。

そこで実際に予約をする時の手順を示した動画を作っておけば、お客さんがスムーズに予約できるので効果的なのです。

3.1つの動画のテーマは5つまで

「この動画で何を伝えるのか?」

「誰に伝えたいのか?」

「どうすればわかりやすくなるのか?」

「何をしてもらいたいのか?」

をまとめてから動画を作成するようにしたいですね。どうしても盛り込むテーマが多くなる場合は、項目ごとに分けるなど、視聴者にとって見やすい構成を考えてみるのも‥‥‥。

4.オープニングで心をつかむ

動画をクリックしてくれても、最初の15秒で視聴者の心をつかめなければ、最後まで観られずに離脱してしまうと云われてます。

・特に重要な疑問や、インパクトのある画像を冒頭の部分に入れておくと、視聴者が最後まで興味や関心を持って観てくれるかも‥‥‥。

・わかりやすいタイトルをつけるのもポイントです。内容としては、オープニング、メインコンテンツ、エンディングというように、三部構成にしてまとまりのある動画を作りたいですね。

5.お客様の声を動画で紹介する

自分のお店のいいところを自分で語っても自慢でしかありませんが、第三者に語ってもらうことで、効果的なお店の宣伝になります。

第三者による体験談はとても信ぴょう性があるので、この動画は、これからお店に行こうとしている人の後押しをしてくれます。

6.実際の商品と会社の様子を見せる

メインコンテンツでは、実際の商品を紹介するようにします。文字や画像だけだとわかりづらい場合は、スライドショーにしたり、動画で一連の作る様子などを撮影して、どんな商品なのかお客様に具体的にイメージしてもらいます。

どんなに商品がよくても、まだ視聴者は色々な不安を持っています。そこで、より安心してもらうために、会社のこだわりやスタッフの教育の様子などを動画にして観てもらいましょう。

テレビのCMを見て研究する手もあります。真似てページを作ると編集のスキルアップも出来るのでは‥‥‥。