YouTube備忘録

YouTube奮闘記うんちく備忘録です。

視聴者を動画に惹きつける

スポンサーリンク

f:id:doragonflykun:20180117212927j:plain

 YouTubeにあなたの動画を認識してもらうためにどのような対策を行うべきか、解ったところで、多くの視聴者を動画に惹きつける方法をご紹介します。

YouTubeの検索ランキングを劇的に改善できるわけではありませんが、視聴数やチャンネル登録者数は検索結果を確実に左右します。

 1、サムネイル

サムネイルとは、検索した時に出てくる動画のワンシーンの切り抜き画像の事です。

動画を検索するための主なキーワードが決まっている場合、実際にそのキーワードを使って検索してみましょう。検索した結果、自分の動画と同じようなサムネイルを使っている動画があれば、違うサムネイルに変更することで、自分の動画を際立たせることが可能です。

YouTubeの視聴者は自然と目立った動画に惹かれます。そのため、他とは違うサムネイルの方が有利です。例えば、競合動画の配色が同一傾向であれば、あえて別の配色のサムネイルを選んでみましょう。必要であれば、カラフルなサムネイルにしても構いません

2、 導入部分で視聴者の関心をつかむ

動画の導入部分が長すぎるYouTube動画を良く見かけます。これでは視聴者の興味を持続することは困難で、他の動画へと移ってしまう可能が増大します。このような現象を避けるには、最初の15秒で視聴者の関心をしっかりつかむことが必須です。

動画のイントロ部分は短めに、パンチを利かせてください。視聴者にこれからの内容を手短に、かつ正確に伝えることが必要です。

視聴者の多くは、何かを知るため、もしくは楽しむためにYouTubeを利用しています。最初の数秒で興味を惹けるかが勝負です。

3、最後まで視聴してもらう

サムネイルやイントロで視聴者の関心を掴んだとして、次の目標は、最後まで動画を視聴してもらう事です。動画視聴の長さはYouTubeのランキングに大きく影響するといわれています。そのため、できるだけ長く視聴するよう工夫する必要があります。

テレビ番組でも良くある手法ですが、イントロ紹介部分で、動画の終わりに、視聴者にとって関心が高い内容を公開すると伝えるやり方が定番です。最後に興味深い内容が出てくるとあれば、それを目当てに最後まで視聴してくれるチャンスが高まります。

4、エンゲージメント

検索ランキングをさせるためには、視聴者からのエンゲージメントも大切です。

YouTubeでのエンゲージメントとは、 視聴者から「高く評価(いいね)」を獲得したり「コメント」を記入してもらったり 、「チャンネル登録」をしてもらうことです。、実際にエンゲージメントを獲得すると、獲得できないのでは検索結果に大きな違いが発生します。

コメントを多くもらうためには、動画の中で視聴者にコメント欄に質問を書くよう呼びかけるのが効果的です。コメントを頂いた場合は、できるだけ返信してください! 会話を続けると、さらにエンゲージメントが高まります。

5、YouTubeの「カード」や「終了画面」機能を利用する

動画を視聴している時に、動画の本編とは別に何かに注目してもらう必要がある場合、 YouTubeの「カード」や「終了画面」機能を利用することができます。

カードは、スマートフォン対応のため、カード形式で、画像やテキスト、リンクを動画と並行して表示することが可能になりました。

終了画面は、他の動画の紹介や、チャンネル登録の促進をするための機能です。とても手軽に導入でき、文字通り、動画の最後に終了画面を表示させ、チャンネル登録を呼びかけたり、ウェブサイトへ誘導させたりできます。