YouTube備忘録

YouTube奮闘記うんちく備忘録です。

動画にカードを追加する

スポンサーリンク

f:id:doragonflykun:20180409010035j:plain

カードを使用すると、動画に双方向機能を持たせることができます。視聴者を特定の URL(承認されたサイトのみ)に誘導したり、カードの種類に応じてカスタマイズした画像、タイトル、行動を促すフレーズを表示したりできます。この機能は、パソコンでご利用できます。

 このカード機能、かなり重要な機能です。YouTubeでビジネスやブランディングを行っていくなら、これからは利用必須の機能となります。

新しく追加されたYouTube『カード機能』では動画再生中に関連動画やウェブページを紹介することが出来ます。

これに似たようなことは、これまでYouTubeの「アノテーション」という機能で出来ました。しかし、アノテーションはモバイル端末では表示されない機能でした。

これからはYouTubeで動画視聴してくれた視聴者に何か行動を促すにはモバイルでは表示されない「アノテーション」ではなくモバイルで表示される「カード」を使っていく必要があります。

動画にカードを追加する

1 本の動画に最大 5 枚までカードを追加できます。

①パソコンでアカウントにログインし、「動画の管理」 にアクセスします。

②カードを追加する動画を探して [編集] を選択します。

 

f:id:doragonflykun:20180117205018j:plain


③上部のタブバーで 「カード」 を選択します。

 

f:id:doragonflykun:20180117205241j:plain


④「カードを追加」 を選択し、カードの種類を選びます。
⑤追加するカードの種類の横にある [作成] を選択します。

 

f:id:doragonflykun:20180117205523j:plain

 

⑤カードは、ウェブサイトの紹介、資金調達、商品紹介、動画または再生リストの宣伝の4つの機能から選べます。

 

f:id:doragonflykun:20180117210208j:plain

使いたい、カードを選んだら、表示したいタイミングにカードを移動させます。これでカードの設定は完了です。

カードは複数のカードを使うことも出来ます。利用したいカードを全て設定したら、実際に動画を再生してみて問題がないか確かめてみましょう。

※アプリ内のブラウザだとカードが表示されない場合があります。その場合は、YouTubeのアプリから直接この動画を見て下さい。

YouTubeカード機能の登場により、これまで以上に動画からブログやウェブサイトへの誘導を促せるようになりました。

これからは視聴者がPCで見ていようともモバイル端末で見ていようとも、直接、商品、外部サイトの案内が出来ます。

 

カードをまだ有効にしていない場合

  • リンクの種類によってはまず [有効にする] を選択して利用規約に同意する必要があります。
  • カードで視聴者を誘導する URL を入力します。
  • 画像をアップロードするか、サイトから提案される画像(ある場合)を選択します。
  • アップロードする画像は .jpg、.gif、.png 形式でサイズが 5 MB 以下である必要があります。また、画像は正方形に切り抜かれることにご留意ください。
  • 必要に応じて、タイトル、行動を促すフレーズ、その他のテキストを編集します(最大半角 30 文字(全角 15 文字))。
  • カード ティーザーの表示開始時間は、動画の下のタイムラインで調整できます。

[カードを作成] を選択します。

作成後にカードを編集する必要がある場合は「カード」タブに移動し、変更するカードの横にある編集アイコン を選択します。

チャンネル カード

視聴者に視聴を呼びかけたいチャンネルにリンクできます。

例えば、自分の動画に協力してくれたチャンネルに謝辞を述べたり、おすすめのチャンネルを紹介したりすることができます。

米国の非営利団体への寄付を募りたい米国にお住まいのクリエイターは、動画に YouTube 寄付カードを設定して寄付を集めることができます。

動画に寄付カードを追加する手順に沿って、自分が選んだ米国の非営利団体に対して直接視聴者が寄付できるようにできます。

リンクカード

関連するウェブサイト、クラウド ファンディング、または商品サイトにリンクするには、YouTube パートナー プログラムに参加する必要があります。

これは、YouTube がチャンネルの有効性を評価し、YouTubeコミュニティ ガイドラインに準拠しているかどうかを判断できるようにするための措置です。

この更新は不正行為を防止することを目的としたものであり、現在の YouTube パートナーや既存のエンディング メッセージの利用には影響しません。

この新たな要件によって動画の収益化が必要になることはありません。

関連ウェブサイト カード

動画と関連ウェブサイトを直接リンクできます。このカードを使用するには、アカウントに関連ウェブサイトを追加する必要があります。

クラウドファンディング カード

承認済みのクラウドファンディング サイトの URL で、クリエイティブなプロジェクトと視聴者を直接つなげることができます。

商品紹介カード

ライセンスを持つ商品を動画の中で直接宣伝できます。リンクさせる URL が承認済みの販売者の URL であることをご確認ください。

アンケート カード

アンケートを表示してさまざまな選択肢に投票してもらうことで、視聴者と交流できます。カードを使って「視聴者アンケートを取る方法」についての記事をご覧ください。

動画カードまたは再生リストカード

視聴者が関心を持ちそうな別の公開中の YouTube 動画や再生リストにリンクできます。動画や再生リストの URL を直接入力して、動画内の特定のタイミングや再生リストの個々の動画にリンクすることもできます。

カードのパフォーマンスを確認する

カードのパフォーマンスを確認するには、YouTube アナリティクスのカードレポートを使用します。

視聴者にカードが表示される方法

カードは動画を補完し、関連性の高い情報を視聴者に提供して利便性を高めるためにご利用いただくものです。

YouTube では、このシステムを発展させながら、パフォーマンス、視聴者の行動、使用している端末に基づいて最も関連性の高いティーザーが表示されるように最適化していく予定です。

視聴者がカードにアクセスする方法

動画の再生中に、指定されたタイミングで視聴者に向けてティーザーが表示されます。

ティーザーが表示されていないときは、パソコンの場合は視聴者がプレーヤーにカーソルを合わせたとき、モバイルの場合はプレーヤー コントロールが表示されているときに、カードアイコン が表示されます。

ティーザーまたはアイコンをクリックすると、その動画のすべてのカードを表示できます。

動画上でのカードの表示のされ方

パソコンの場合は動画の右側、モバイルの場合は動画の下にカードが表示されます。動画に複数のカードがある場合は、動画の再生中にカードをスクロールできます。

カードがコンテンツに与える影響

動画が Content ID による申し立てを受け、そのコンテンツ所有者によってキャンペーンが設定されている場合、動画にカードは表示されません。

詳しくは Content ID についての記事をご覧ください。
カードを表示する動画には、Call-to-Action オーバーレイは表示されません。

 

 参考サイト

YouTubeに追加された新機能「カード」の使い方まとめ