YouTube備忘録

YouTube奮闘記うんちく備忘録です。

「無料動画編集ソフト」AviUtl‥‥導入2、入力・出力プラグイン

スポンサーリンク

f:id:doragonflykun:20180515183818j:plain

AviUtlは、デフォルトでは、

AVI
JPG
WAV
などの最低限のファイルしか読み込めませんが、プラグインを導入する事で、有名な動画・音声形式のファイルを一通り読み込めるようになります。

 

 

入力プラグイン

「L-SMASH Works」プラグインの導入方法

1、AviUtlの本体フォルダの中に「Plugins」というフォルダを作成する
「Plugin」じゃなくて「Plugins」なので注意

2、POP@4bitにアクセスし、「L-SMASH Works rXXX」をダウンロードする(※バージョンが新しくなっている場合はそっちをダウンロードしてください)

3、ダウンロードしてきたファイルを解凍し、中に入っている「lwcolor.auc」「lwdumper.auf」「lwinput.aui」「lwmuxer.auf」の4つのファイルを、先ほど作成した「Plugins」フォルダの中に放り込む

※「Plugins」フォルダじゃなくて「AviUtl」フォルダに直接放り込んでも問題ありませんが‥‥‥。

※フォルダ構成的には以下の様な感じになります

フォルダ構成
・AviUtl
 ・Plugins
  ・lwcolor.auc
  ・lwdumper.auf
  ・lwinput.aui
  ・lwmuxer.auf

出力プラグイン

AviUtlは、デフォルトでは、「AVI」形式でしか動画を出力できません。

「x264guiEx」の導入方法

1、「rigayaの日記兼メモ帳」から「x264guiex」のリンクをクリックします。

 

2、リンク先の「x264guiEx_X.XXvX」というファイルをダウンロードします

f:id:doragonflykun:20180515163705p:plain

 

3、ダウンロードしてきたファイルを解凍し、中にある「auo_setup.exe」というファイルを実行します。

f:id:doragonflykun:20180515164113p:plain

 

4、黒ウィンドウが表示されるので待ちます。

f:id:doragonflykun:20180515164205p:plain

 

5、AviUtlの本体フォルダの場所(パス)を指定し、「次へ」をクリックします。

f:id:doragonflykun:20180515164812p:plain

 

6、インストールが完了したら「終了」をクリックします

f:id:doragonflykun:20180515164941p:plain

 

以上でインストール・ダウンロード作業は終了です。

※正常にインストール作業が終了していると、以下の様なフォルダ・ファイル群が生成されています。

フォルダ構成
・AviUtl

 ・x264guiEx.ini
 ・x264guiEx.conf
 ・x264guiEx.auo ←これが出力プラグインの本体です(これがないと「ファイル」→「プラグイン出力」→「拡張 x264 出力(GUI) Ex」が表示されない)
 ・x264guiEx_stg
(色々な.Stgファイル)←これが後述する「プロファイル」のファイルです
 ・exe_files
  ・libsoxconvolver.dll
  ・libsoxr.dll
  ・muxer.exe ←これがMuxerです(映像と音声をくっ付けるソフト)
xXXX.rXXXXkMod.exe ←これがx264エンコーダーです(映像エンコーダー
  ・qaac.exe ←これがqaacエンコーダーです(音声エンコーダー
  ・remuxer.exe
  ・boxdumper.exe
  ・timelineeditor.exe

 

インストールされているか確認する(x264guiexで動画をエンコードする方法

導入後やること

基本的に、最優先に試すべきは「AviUtlに標準で組み込まれている入力プラグイン」なので、「L-SMASH Works File Reader」や「DirectShow File Reader」は一番下にしておきましょう。

AviUtlのメニューの「ファイル」→「環境設定」→「入力プラグインの優先度の設定」

f:id:doragonflykun:20180407211908p:plain

「下に移動」をクリックする事で優先度を下げれます。

順番的には「DirectShow File Reader」を一番下、その上に「L-SMASH Works File Reader」という形にすると良いでしょう。

exedit.iniに追記する

読み込める拡張子を増やすには、設定ファイル(exedit.ini)に読み込みたい拡張子を別途追記する必要があります。

aviutl.info