YouTube備忘録

YouTube奮闘記うんちく備忘録です。

AviUtlの基本操作‥‥タイムライン

スポンサーリンク

メニューの「設定」→「拡張編集の設定」を選択する事で、「タイムライン」を表示できます。

※「拡張編集の設定」が表示されない場合は、「拡張編集プラグインが正常にインストールできていない」と言う事なので入れ直して下さい。

※「チェックが付いているのにタイムラインが表示されない!」という場合は、

AviUtl本体メニューの「ファイル」→「環境設定」→「ウィンドウの位置を初期化」を実行すれば表示できます。

  

f:id:doragonflykun:20180516151035p:plain

拡張編集を使って動画編集する場合は、このタイムラインに素材(画像や動画や図形)をドラッグ&ドロップしてファイルを読み込み、動画編集します。

※ファイルを読む込む際は、必ず「タイムライン」からファイルを読み込む

・AviUtlの本体ウィンドウで読み込んでしまうと、本体としてのデータになって拡張編集側で編集することができません。

・同様にメニューの「開く」や「追加読み込み」などでもファイルを読み込まないようにしてください。

 

拡張編集を使って動画編集する

「タイムライン」に、実際に「動画」「音楽」ファイルなどをドロップする
時系列上(タイムライン上)に、オブジェクトと呼ばれる「動画」や「音楽」や「画像」などをどんどん追加していって、動画ファイルを作成して行きます。
 
f:id:doragonflykun:20180516152349p:plain

 

画面の見方

f:id:doragonflykun:20180516153205p:plain

①時間軸

右に行くほど時間が経過して行きます。

f:id:doragonflykun:20180516153338p:plain

②オブジェクト

タイムライン上に「オブジェクト」と呼ばれる矩形の図形を配置していき、動画を作っていきます。

オブジェクトには以下の様な種類があります。

  • 動画(動画オブジェクト_画像
  • 画像(画像オブジェクト
  • 音声(音声オブジェクト
  • 図形(図形オブジェクト
  • …etc

「オブジェクトの長さ」は「オブジェクトが表示される時間」です。

オブジェクトの長さを変更するには、下記のの2種類の方法があります。

  • オブジェクトの端をドラッグしてやる
  • オブジェクトを「右クリック」→「長さの変更」から数値を入力
③レイヤー

下にあるレイヤーのオブジェクトほど、動画内では手前に表示されます。

f:id:doragonflykun:20180516154153p:plain

※例外として、「カメラ制御」オブジェクトを挿入している区間では、レイヤー順ではなく設定ダイアログの「Z」パラメータの大きさに従って手前に表示されます。

※「レイヤー名」を左クリックする事でレイヤー自体を表示・非表示にできます。  また、「レイヤー名」を右クリックする事で、レイヤーに関するメニューが開けます。

④現在フレーム

現在選択中の動画フレームを指しています。

動画を停止中は、この現在フレーム(赤縦棒)で選択されているフレームがAviUtlの本体ウィンドウに表示されます。

⑤再生フレーム

動画を再生中の現在フレームを指します。

再生中は(緑縦棒)が右に移動して行きます。

(再生中は緑縦棒のフレームがAviUtl本体ウィンドウに描画されます)

 また、

一時停止・再生の方法には2種類の方法がありますが、効果が微妙に違います。

  • Spaceキーで停止:赤縦棒の位置に緑縦棒が戻ります。
  • 本体ウィンドウの再生・停止ボタン(再生ボタン)で停止:緑縦棒の位置に赤縦棒が移動します。

※この違いを知っておくと便利です。

 タイムライン上で

「右クリック」→「再生ウィンドウで再生した時にカーソルを連動」にチェックを付けると、(緑縦棒)が消え、代わりに現在フレームの(赤縦棒)が移動するようになります。

⑥最終フレーム

動画の終わり(最終フレーム)を指しています。

f:id:doragonflykun:20180516155526p:plain

「最終フレーム」は、タイムライン上で「右クリック」→「範囲設定」から変更できます。

 ただし、「選択範囲」を指定した場合は、「最終フレーム」位置に関係なく「選択範囲」として指定した区間が動画として出力されます。

 

「選択範囲」はメインウィンドウにて選択範囲始まりボタンと選択範囲終わりボタンで選択するか、Shiftを押しながら時間軸の目盛部分をドラッグする事で選択できます。

f:id:doragonflykun:20180516155819p:plain

▲このように「選択範囲」を指定している場合は、「最終フレーム」の位置に関係なく、「選択範囲」部分が動画として出力されます。

 (ちなみに、「本体ウィンドウの選択範囲」と「タイムライン上の時間軸の目盛り部分の選択範囲」は、それぞれ連動しています。(どちらから指定しても良い))

⑦シーンの選択

「シーン」を選択できます。

 シーンは、メインの編集画面「Root」にオブジェクトが多くなりすぎた時や、同じようなシーンを使いまわしたりする時に使用します。

作成したシーンを「シーン」オブジェクトとして挿入して使用します。

⑧縮尺

時間軸方向に対しての縮尺を変更できます。

Ctrlを押しながらマウスをスクロールさせる事でも変更できます。

f:id:doragonflykun:20180516160241j:plain

⑨現在時間

「現在フレーム」時点の経過時間です。

⑩現在フレーム/総フレーム

「現在フレーム」時点の「経過フレーム数」
「最終フレーム」までの「総フレーム数」

タイムラインでの基本的な操作

動かす

左クリックしながらドラッグすることで、オブジェクトの位置を変更できます。

引き伸ばす

オブジェクトの端をドラッグすることで、オブジェクトの長さを引き伸ばせます。

シークバーを移動する

タイムラインの適当な場所をクリック(もしくはドラッグ)することで、シークバー(現在フレーム)を移動できます。

 

参考サイト

aviutl.info