YouTube備忘録

YouTube奮闘記うんちく備忘録です。

無料ソフト(AviUtl)で動画編集の基本操作‥‥「読み込み」⇒「編集」⇒「保存」

スポンサーリンク

カメラで撮影した動画(movファイル)をAviUtlに読み込む

カメラで撮影した動画は、全てのファイルがmov形式のファイルでした。

f:id:doragonflykun:20180516200614p:plain

 

 タイムライン上のレイヤーにドラッグ&ドロップして読み込んでみると…

あれ? 真っ黒の画面‥‥。( ;∀;)

f:id:doragonflykun:20180516200705p:plain

 

再生ボタンを押しても映像や音が何も出ません…。

※動画の読み込みはプラグインを入れるだけではなく、読み込める拡張子をexedit.iniファイルに登録しなければならないです。

 解決策

①mov形式のファイルを読み込めるようにするために、exedit.iniファイルを編集します。

f:id:doragonflykun:20180516201756p:plain

※デフォルトでは「.gif」は「画像ファイル」として読み込む事になっています。

gifを”画像”ファイルではなく、”動画”ファイルとして読み込みたい場合は

「.gif=画像ファイル」➡「.gif=動画”ファイル」と書き換えます。

 

②「.mov=動画ファイル」を追記したexedit.iniファイルを保存して、AviUtlを再起動します。

f:id:doragonflykun:20180516202050p:plain

動画が読み込めました!

 

読み込んだ動画を再生して映像は出たが音声が出ない…。

※mov形式のファイルは映像は映像のオブジェクト、音声は音声のオブジェクトとして読み込まなければならない。

 

①音声のオブジェクトは、

タイムライン上のレイヤーを右クリックして「メディアオブジェクトの追加」⇒「音声ファイル」を選択しで作成します。

f:id:doragonflykun:20180516203030p:plain

 

②音声のオブジェクトを作成すると、タイムラインは下図のようになります。

f:id:doragonflykun:20180516203146p:plain

 

③音声のオブジェクトを選択すると下図のようなダイアログが表示されるので「参照ファイル」をクリックして映像と同じmov形式のファイルを選択します。

f:id:doragonflykun:20180516203317p:plain

 

④タイムライン上に映像ファイルの再生時間と同じ再生時間の音声オブジェクトが生成されます。

f:id:doragonflykun:20180516203819p:plain

以上で、mov形式のファイルの読み込みは完了しました。

動画の基本編集

操作項目

動画や音声の切り抜きを行う

オブジェクトを「分割」する

オブジェクトを「削除」する

オブジェクトを移動させる

映像に字幕(テキスト)を挿入する

映像に画像を挿入する

動画を出力する(保存)

  

     1、動画や音声の切り抜きを行う

切り抜きたい部分の開始点に「中間点」を設置する

切り抜きたいオブジェクトを選択して、切り抜く部分の開始点にカーソルを合わせて右クリック→「中間点を追加」を押します。

f:id:doragonflykun:20180516204426p:plain

 

②中間点が設置されると下図のように矢印のマークが表示されます。

f:id:doragonflykun:20180516205153p:plain

※中間点はドラッグ&ドロップでタイムライン上の別に位置に移動させることができます。

③次に切り抜きたい部分の終了点に「中間点」を設置する

切り抜きたいオブジェクトを選択して、切り抜く部分の終了点にカーソルを合わせて右クリック⇒「中間点を追加」を押します。

f:id:doragonflykun:20180516205910p:plain

④中間点が設置されると矢印のマークが表示されます。

※開始点と同じように、中間点はドラッグ&ドロップでタイムライン上の別に位置に移動させることができます。

     2、オブジェクトを「分割」する

①開始点、終了点の位置にカーソルを合わせて、右クリックから「分割」を押します。

f:id:doragonflykun:20180516210139p:plain

②分割が実行されると、下図のようにオブジェクトが分割されます。

f:id:doragonflykun:20180516210345p:plain

※分割は中間点を設置しなくても実行できますが、一発で分割するのは難しいため、中間点を決めてから分割する方が手間が省けると思います。

     3、オブジェクトを「削除」する

①削除したいオブジェクトを選択して、右クリック→「削除」を押します。

f:id:doragonflykun:20180516210613p:plain

②オブジェクトが削除されます。

f:id:doragonflykun:20180516210709p:plain

     4、オブジェクトを移動させる

映像や音声等のオブジェクトはドラッグ&ドロップで移動させることができます。

f:id:doragonflykun:20180516212023p:plain

上記の作業を繰り返して、いらない部分をカット/移動して映像や音声を整えます。

     5、 映像に字幕(テキスト)を挿入する

映像や音声のレイヤーとは別のレイヤー上で右クリック⇒「メディアオブジェクトの追加」⇒「テキスト」を押して、テキストオブジェクトを作成します。

f:id:doragonflykun:20180516212727p:plain

※字幕の一部を動かしたい場合は、別のレイヤーにテキストオブジェクトを生成して、生成したオブジェクトに動きを設定することで動きのある文字を作成します。

動画への字幕(テロップ)の入れ方「テキスト」で紹介してます。

     6、 映像に画像を挿入する

①タイムライン上のレイヤーに画像ファイルをドラッグ&ドロップすることで画像を挿入します。

f:id:doragonflykun:20180516213424p:plain

②「テキスト」と同じように画像にもアニメーションを付けることができます。

別のページで紹介します。

     7、 動画を出力する

①「ファイル」→「プラグイン出力」⇒「拡張 x264 出力(GUI) Ex」を押します。

f:id:doragonflykun:20180516213937p:plain

 

②保存用のダイアログが表示されますので「ビデオ圧縮」を選択します。

f:id:doragonflykun:20180516214147p:plain

 

③圧縮に関する設定画面が表示されます。

Youtube用の動画を出力したいので「プロファイル」⇒「Youtube」を選択してOKボタンを押します。

f:id:doragonflykun:20180516214350p:plain

 

④保存ダイアログに戻ったら「保存」ボタンを押して動画の保存を実行します。

f:id:doragonflykun:20180516214529p:plain

 

⑤動画の保存処理が実行されると、うっすらと黒い画面が表示されます。
何やら処理をしますが、下記の文言が表示されたら動画の作成が完了します。

f:id:doragonflykun:20180516214648p:plain

 

以上で、動画の編集~出力までの作業が完了になります。

 

参考サイト

incloop.com